WiMAX2プロバイダ速度徹底比較TOP > プロバイダランキング > 【2015年度版】プロバイダ厳選ランキングベスト3

【2015年度版】プロバイダ厳選ランキングベスト3について

 
これまでに、WiMAX2+の地域ごとの速度や地下鉄での電波状況、
ルータのレビュー速度改善方法など様々な角度からWiMAX2+を検証してきた。

そんな管理人がおすすめするプロバイダはいったいどこか、
本日は2015年版を厳選ランキング形式にてお伝えする。



とくとくBB WiMAX2+

 


初期費用:無料
端末費用:無料
月額3,609円+税
年間費用:1年目17,718円/2年目43,308円/2年合計61,026円
キャッシュバック最大25,590円



@nifty WiMAX2+

 


初期費用:3,000円
端末費用:1円
月額3,670円+税
年間費用:1年目26,941円/2年目44,040円/2年合計70,981円
キャッシュバック最大20,100円


UQ WiMAX2

 


初期費用:無料
端末費用:800円
月額:3,696円+税
年間費用:1年目47,532円/2年目44,532円/2年合計91,884円
最大10,000円の商品券プレゼント



キャンペーンで選ぶならとくとくBB


こちらの記事で検証したとおり、WiMAX2+はプロバイダによる速度の違いはないことがわかっている。

つまり、本家UQ WiMAX2+でもとくとくBBでも、速度や品質は変わりないということだ。
(もし、それでも遅いと感じるときはこちらを参考にしてみるといい。)

そうなると気になるのはやはりキャッシュバックだ。

現在でも「とくとくBB WiMAX2+」のキャッシュバック額は最高価格となっている。
ただし、このキャッシュバック。このサービスが受けられるのは、使用開始から11ヶ月後に、とくとくBB会員用メールアドレスにしか連絡が届かないため、受け取り方が難しい。

ルータが届いた日に、11ヶ月後のカレンダーへ会員メールへのログイン方法を記載しておくことが必須だ。


@niftyがキャッシュバックが受け取りやすい


キャッシュバック額がとくとくBBよりは低くなるが、キャッシュバックの受け取りやすさと、2年間の費用を考えると@niftyもいい。

こちらは、開通月を含む9ヶ月目に登録した受取口座に現金振込をして、受け取り方法については開通月を含む8ヶ月目にメールで連絡がくる仕組みだ。

初期費用がかかってしまうが、その分キャッシュバックのもらい忘れリスクは低くできるだろう。


サポート最優先で考えるとやはりUQ


機器の故障や、問い合わせの対応の品質を考えると、やはり本家UQが安心できる。

手厚いサポートを希望するならば、UQがいいだろう。




  • SEOブログパーツ

ブログランキング
携帯・モバイル ブログランキングへ

プロバイダランキング記事一覧

【2015年度版】プロバイダ厳選ランキングベスト3

これまでに、WiMAX2+の地域ごとの速度や地下鉄での電波状況、ルータのレビュー、速度改善方法など様々な角度からWiMAX2+を検証してきた。そんな管理人がおすすめする...