HOT!!【2015年度版】プロバイダ厳選ランキングベスト3

話題沸騰!人気記事
WiMAX2が遅い原因と対策
WiMAX2プロバイダ速度徹底比較
WiMAX2 ならW01、WX01とどちらがおすすめか

WiMAX2プロバイダ速度徹底比較TOP > Wi-Fiルータレビュー > W01はこんな人におすすめ

W01はこんな人におすすめについて

 

W01とWX01には大きな違いがあることをこちらでご紹介した。


紹介した結果ではWX01のほうが優位な印象を受ける。

では、W01がおすすめなのはどのようなライフスタイルの人か。


W01




下り最大220Mbpsの超高速通信
WiMAX2+とau 4G LTE2が使用可能
約W120 x H59 x D10mm
約113g
連続通信時間 最大約8時間(WiMAX 2+利用時)、最大約7時間20分(LTE利用時)
連続待受時間 約730時間、約36時間(クイックアクセスモード設定時)
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac・5GHz対応
Bluetoothテザリング 未対応



使用できる回線


まずW01が利用できるのは、WiMAX2+およびau 4G LTEだ。
従来のWiMAXは利用できない。

生活圏内がWiMAX2+対象エリアであったとしても、ビルや地下の場合はまだまだWiMAXの電波となってしまう。

それを補うためにau 4G LTEが利用できるようにしてるということだ。


au 4G LTEと帯域制限


注意しなければならないのが、au 4G LTEは月額1000円ほどかかること。

そして7GBの通信制限があり、それを超えるとWiMAX2+電波においても帯域制限がかかることである。

したがって月にau 4G LTE側で7GB以上利用しない人向けといえるだろう。

またau 4G LTEを毎月利用する前提と考えるならば、毎月のオプション料金を含めた運用コストでかまわない人向けともいえる。

W01にはLTEとWiMAX2+を自動切り替えする機能があり、WiMAX2+を優先するようにされているため、自分の生活圏の電波と月々の通信量をしっかり確認するのがよいだろう。


キャリアアグリゲーション


なお、キャリアアグリゲーションは順次対応しているようだが、実際端末側から現在通信をしている基地局がそれに対応しているかはわからない。

対応していたとしても、やはり通信はベストエフォートなので、理論値220Mbps出ることはまずないと思われる。


5GHz帯Wi-Fi対応


W01はWi-Fi電波が干渉しにくい5GHz帯のIEEE802.11acに対応しているので、手持ちの機器がそれに対応しているならばさらなるハイスピードも期待できる。

代表的な機器でいえば、iPhone4Sはacには未対応、iPhone5からac対応となっているので注意したい。


まとめ


総合して考えるとW01が最適である方は以下のような人といえる。

・生活圏にWiMAX2+電波がしっかり届く
・あまり地下などにいかない
・オプション料金を毎月払う運用で構わない
・手持ちの機器がIEEE802.11acに対応している
・最悪通信制限を受けても大体通信手段がある
・そもそも家の固定回線としてWiMAX2+のみで使用する



以上のことを考慮して、契約したほうがいい。

なお、W01はTryWiMAXで数週間機器をレンタルすることが可能だ。

是非契約前にTryWiMAXを試してみてほしい。



  • SEOブログパーツ

ブログランキング
携帯・モバイル ブログランキングへ

Wi-Fiルータレビュー記事一覧

W01はこんな人におすすめ

W01とWX01には大きな違いがあることをこちらでご紹介した。 紹介した結果ではWX01のほうが優位な印象を受ける。では、W01がおすすめなのはどのようなライフ...