HOT!!【2015年度版】プロバイダ厳選ランキングベスト3

話題沸騰!人気記事
WiMAX2が遅い原因と対策
WiMAX2プロバイダ速度徹底比較
WiMAX2 ならW01、WX01とどちらがおすすめか

WiMAX2プロバイダ速度徹底比較TOP > 首都圏主要駅 > WiMAX2プロバイダ速度比較(京浜東北線)

WiMAX2プロバイダ速度比較(京浜東北線)について

 
山手線での調査結果、誤差はあるもののプロバイダの違いによる速度の変化はみられなかった。

あったとしても、Wi-Fiチャンネルの混雑やプロバイダ自体の混雑が影響しているものとし、管理人のおすすめプロバイダは現状以下となっている。

 


とくとくBB WiMAX2+
初期費用:無料
端末費用:無料
月額3,609円+税
年間費用:1年目10,699円/2年目43,308円/2年合計54,007円

キャッシュバック最大29,000円

 


@nifty WiMAX2+
初期費用:3,000円
端末費用:1円
月額3,670円+税
年間費用:1年目13,371円/2年目44,040円/2年合計57,411円

キャッシュバック最大27,000円

 


UQ WiMAX2+
初期費用:無料
端末費用:800円
月額:3,696円+税
年間費用:1年目47,532円/2年目44,532円/2年合計91,884円

最大10,000円の商品券プレゼント

 


BIGLOBE WiMAX2+
初期費用:3,000円
端末費用:1円
月額3,675円+税
年間費用:1年目42,645円/2年目44,340円/2年合計85,985円

Kindleを無料でプレゼント



※キャッシュバックや商品券の特典は予告なく終了する場合があります。


しかしながら山手線一周のみではデータは少ない可能性があるため、
後日京浜東北線でもWiMAX2+のプロバイダ別速度を計測してみた。

計測の仕方や機種、計測アプリについては
こちらを参照してほしい。
なお、山手線と重複する駅については計測は行わなかった。



UQ WiMAX2+とくとくBB WiMAX2+
駅名Ping
(ms)
Down
(Mbps)
Up
(Mbps)
Ping
(ms)
Down
(Mbps)
Up
(Mbps)
南浦和6117.365.636818.933.05
7419.204.406813.333.19
西川口6424.925.996411.626.51
川口7916.707.596319.285.83
赤羽698.804.136211.415.44
東十条6714.112.056610.373.49
王子7117.603.307420.205.65
上中里734.395.37783.945.62
山手線参照------
大井町7512.320.31625.780.45
大森6415.242.778515.060.94
蒲田7315.213.225917.831.71
川崎8120.863.866320.820.5
鶴見593.535.76519.280.58
新子安6117.982.587613.440.71
東神奈川6411.073.336521.222.11
横浜5913.292.537320.154.36
最小値592.320.31513.940.45
最大値75124.927.598521.226.51
平均値14313.883.936714.323.17



残念ながら時間の都合上、大宮まで行くことができなかったが、
主要な駅である南浦和や、大井町、蒲田、川崎、横浜でもWiMAX2+の能力を生かした高速通信が可能なことがわかる。

計測を行ったのは日曜日の昼だが、そのような環境でも満足できる速度と言えるだろう。また、京浜東北線では走行中にWiMAXの電波になってしまうことはあったがオフラインにはならなかった。

肝心のプロバイダに速度の変化は平均値でそれぞれ

UQ WiMAX2+
Ping:143ms
Down:13.88Mbps
Up:3.93Mbps


とくとくBB WiMAX2+
Ping:67ms
Down:14.32Mbps
Up:3.17Mbps


大井町駅においてUQでの数値が異常に高くなってしまっているが、
計測の失敗と認識しており、再計測すれば問題ないと思われる。

結果、こちらでも大きな差異はなく、プロバイダによる速度変化はないと言えるだろう。

もし、自分が持っているWiMAXルータの速度がとても遅いという症状であれば

WiMAX2が遅い原因と対策記事を参照してみてほしい。

環境によりポテンシャルが1/10まで下がっている可能性がある。


さて、今回の結論もWiMAX2+はプロバイダによって速度が変わるということは現状発生しないことがわかった。


となればできるだけ安いプロバイダを選びたいところだ。

現状キャッシュバック金額が一番大きいのは、とくとくBBとなっている。

キャッシュバック最大29,000円




しかしながら、キャッシュバックの受け取り方法が難解であり、気付かないで受け取れない場合が多発しているため、心配なら@niftyを選ぶとよいだろう。


キャッシュバック最大27,000円





  • SEOブログパーツ

ブログランキング
携帯・モバイル ブログランキングへ

首都圏主要駅記事一覧

WiMAX2プロバイダ速度比較(京浜東北線)

山手線での調査結果、誤差はあるもののプロバイダの違いによる速度の変化はみられなかった。あったとしても、Wi-Fiチャンネルの混雑やプロバイダ自体の混雑が影響しているものとし...

WiMAX2プロバイダ速度比較(中央線)

山手線および京浜東北線での調査結果で、プロバイダによるWiMAX2+やWiMAXの速度の違いは確認できなかった。もし利用しているルータが遅いと感じるときにはこちらを参考...

WiMAX2プロバイダ速度比較(常磐線)

東京都心にて行っていたWiMAX2+プロバイダ速度比較。今回は少し、遠出をし千葉県のほうにて検証を行った。常磐線 日暮里-柏間でのプロバイダ2社による速度調査だ。 ...

WiMAX2プロバイダ速度比較(総武快速線)

プロバイダによるWiMAX2+の速度の違いを検証してきた本サイト。シリーズ最終回となるのが、総武快速線。東京-千葉でのプロバイダ2社による速度調査だ。HWD...